包茎手術の種類とは

包茎であることが分かったとき、手術が必要になるケースがあります。
それでは、この包茎の手術というのはどのような種類があるのでしょうか。
包茎手術には、環状切開・背面切開、亀頭直下埋没法などをはじめとした様々なものがあるのですが、これらについて紹介してきます。
どの手術を受けたらいいのか分からないという場合には参考にしてみて欲しいです。

環状切開という方法については、包茎手術の中でも一般的に行われているものです。
最近は技術の進歩があって裏スジを残したままの手術が可能となっているのです。
ペニスがツートンカラーになってしまう可能性もある以外はメリットが多いです。
背面切開というのは、亀頭を露出させた上で縫合を行うと言うものです。
短い時間で手術が出来るのが大きな特徴となります。

亀頭直下埋没法については、勃起時に大きくなるペニスに合わせて皮を切開するという方法になります。
これについては裏スジも処理しませんし、目立ちにくいというメリットがあります。
入浴は10日ほど出来ないというところもありますが、それ以上にメリットがあるのです。
ナチュラルピーリング法については、包皮をむいて亀頭を露出させ、縫合してしまうものです。
医療用の糸を使うため安全に施術が出来るのが特徴的です。

複合曲線作図法というものもあります。
これは、亀頭と包皮のバランスをとって皮を切除するというものです。
縫合もしますが、これは痕も残りません。
根元部固定法についてですが、これは接着剤を使って固定するというものです。

Copyright © 2014 包茎手術の方法 All Rights Reserved.